介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

介護老人保健施設のスタッフって?

医療系職種

介護老人保健施設で働くスタッフは様々です。医療系の職種として、

・医師
・看護師

が働いていますが、上記は病院やクリニックで慣れていることでしょう。

同じ介護施設に特別養護老人ホームや有料老人ホームがありますが、医師が常駐していないこともあります。

介護老人保健施設は入所者100人に対して医師1名以上が常駐していますので、その違いはありますね。

しかし医師とのコミュニケーションなら、病棟や外来経験のある看護師さんは問題ないのではないでしょうか。

リハビリ専門職

次にリハビリ専門職として、以下の方々が働いています。

・作業療法士
・理学療法士
・言語聴覚士

他にも臨床心理士が勤めていることもありますね。

老健は病院と自宅の中間施設ですから、リハビリを通して入所者の生活機能向上を目指します。

そのため、リハ専門職である理学療法士、作業療法士の役割が大きいのです。

理学療法士(PT)は主に運動機能、作業療法士(OT)は精神心理機能、言語聴覚士(ST)はコミュニケーション機能に携わります。

それぞれ専門的に連携しながら、リハビリ計画の作成、リハビリの提供を通して、機能訓練の回復を目指しています。

介護老人保健施設によって人数は異なりますが、どの老健でも2名以上の専門職が働いていることが多いですね

看護師としても、リハビリ専門職と綿密に情報交換、連携しながら仕事を進める必要があるでしょう。

福祉専門職

次に福祉専門職として以下の方も働いています。

・介護福祉士士
・ケアマネジャー
・社会福祉士
・介護スタッフ

介護老人保健施設の規模によっても変わりますが、介護福祉士、介護スタッフの存在はどの老健でも大きいでしょう。

老健には介助が必要な入所者も多いので、食事介助、排泄介助、入浴介助を福祉専門職が行いますね。

またケアマネジャーや社会福祉士が働いている老健もありますので、看護師紹介会社で確認して下さい。

その他の職種

最後に、その他の職種として以下があります。

・栄養管理士(栄養士)
・薬剤師
・歯科衛生士
・事務職
・調理師

やはり老健の規模や方針によって変わりますが、幅広い職種が働いていることは事実です。

そのため、病院やクリニックよりも幅広いコミュニケーションスキルが求められるケースが多いですね。

入所者とのコミュニケーションと共に、同じ職場のスタッフとの協調性も重要なのが老健と言えます。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ