介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

看護師と介護士の関係が良い老健へ転職したい

介護士との関係が良い老健へ転職する

老健へ転職を考える時、病院と違って介護士の存在が大きいですよね。中には介護士と看護師で派閥が出来ていて、お互い牽制し合っている職場もあるようです。

しかし老健で働く仕事仲間ですし、役割を円滑にこなすためにも、少しでも介護士との関係が良い老健へ転職したいと考えるのは自然です。

看護師の転職理由を見ても、仕事のきつさや給与・時給と共に上位に入るのが人間関係ですね。決して看護師に限らないことですが、人間関係がぎくしゃくしている病院や介護施設は、高給与で働けても長く続かないのではないでしょうか。

特に看護師は女性中心の社会ですし、女性特有の関係もありますよね。介護士は男性も多いですが、それでも給与の違い(介護士は給与が低い)や、立場の違いから、関係がぎくしゃくすることもあります。

私もそのような職場で働いた経験がありますが、もう最初から険悪な雰囲気が漂っているんですよね…。完全に2つのグループに分かれている状態で、挨拶しても返してもらえない人がいたり、同じグループでは笑顔なのに、別グループと関わる時は無愛想な態度を取っていたり…色々なことがありました。

そんな職場に共通しているのは、「自分ではどうしようもない」ということです。何とか関係を良くしようと気を遣ったり、人間関係を工夫しても、すでに時間をかけて構築された雰囲気を変えるのは難しいです。

たとえば、自分から積極的に介護士に話し掛けたり、関係を良くしようとしても、それが他の看護師の気に障ることもあるでしょうし、看護師と良い関係でいるために介護士との関係をあきらめることもあるでしょう。人間関係って難しいですね…。

しかし言い換えれば、雰囲気の良い老健に転職すれば、問題は解決するということです。介護士と看護師で溝がない職場もありますから、そのような老健で働くことで、恵まれた環境で仕事が出来ると思います。

難しいのは、本当の人間関係は働いてみなければ分からない、働いてみて初めて分かる…といったことですが、少しでも老健の雰囲気を教えてもらえる紹介会社を利用することで、きっかけを掴めるかもしれませんね。

ハローワークや転職情報雑誌では求人票の情報が全てですが、コンサルティング型の人材紹介会社を利用することで、求人項目には掲載されていない情報まで教えてもらえることがありますよ。

まずは実際に看護師紹介会社に相談されてみて下さい。無料で利用できるのも嬉しいですね。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ