介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

介護老人保健施設への転職、志望動機

介護老人保健施設への志望動機について

看護師として介護老人保健施設への転職を希望されている方へ。

人材不足が言われている看護師ですが、介護施設としては誰でも良いから採用する、というわけではありません。応募者が複数いた場合には、その中でもより施設に合う看護師、熱意を持って仕事にあたってくれそうな看護師を採用したいと考えるものです。

介護老人保健施設へ応募をする際、看護師として志望動機にはどういったことを書くと採用されやすいのでしょうか

積極的な治療は必要ないものの、ある程度医療行為がある施設となります。自宅に復帰する事を目標に、機能回復を目指した介護を行うのが老健ですから(長期入所も増えてきていますが・・・)、それも理解した上で志望動機を考える必要があるでしょう。

よく言われるのが「入所者に携わる事が出来る時間が多いと思うので」という志望動機ですが、少し弱い印象です。それにプラスして、「今までの仕事を通じて老人介護に興味を持ったのでどういった風に仕事をしていきたいのか」と言ったことや、自宅から近いから、と言ったこともあれば素直に言うと良いでしょう。

自宅から近いのは雇用主側としてもメリットがありますから(交通費など)言った方が良い場合も多いです。

希望の条件で介護老人保健施設へ転職するには

老健の看護師として転職を希望される方の多くは、子育てがあったり家庭の時間もしっかりと取りながら両立して働く事を希望される方が多いです。

その点に関しては嘘を書く必要はないと思います。面接で質問された場合にも、しっかりと答えると良いでしょう。その上で、この介護老人保健施設を志望した理由、どんな風に働いていきたいのかを、志望動機としてまとめることが重要です。

老健の中には、子育てのある看護師に理解を示す施設が少なくありません。託児所がある介護老人保健施設もありますし、勤務シフトについてもできる限り都合も聞いてくれる場合も多いです。育児があるママさんナースとしてはそうした環境の職場は、たとえ前職から年収が下がったとしても働きやすさから、選ぶ方が多いです。

転職に当たり、条件がある方は転職サイトを利用してコンサルタントを介して交渉してもらうと、やりやすいでしょう。

自分ではなかなか言いにくい、という方も多いはず。そうしたとき、交渉の場数も踏んでいるコンサルタントを活用することで、働きやすい環境の職場を見つけやすくなるでしょう。

また、その施設ごとに最適と思われる志望動機を考えるためのアドバイスももらえるでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ