介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

老健の夜勤専従看護師求人を見つけるには

老健の夜勤専従看護師求人はどこで見つける?

夜勤専従看護師の求人を見つける際の注意点や、便利な求人サイトの情報をお伝えします。

夜勤専従看護師として働く事の最大のメリットは、やはり1回の給料が高い、ということ。求人を探してみると分かりますが、夜勤1回の勤務で25,000円、30,000円といった収入が得られる求人が多いです。中には40,000円という高収入求人もあります。(非常に数は少ないです)

夜勤専従看護師の求人が多く掲載されている求人サイトを実際にご覧頂いても良いかと思います。老健の夜勤専従看護師が多く見つかるサイトとしてオススメしたいのは以下です。

探しやすさでは、ディップがおすすめです。いずれも独自の情報網から独占求人を持っている事があります。

多くの看護師さんはより好条件、情報をしっかりと得るために2、3つのサービスを利用している方も多いです。

夜勤専従看護師で働くメリット・デメリット

と、こうしてみると、日勤で働く事と比較をするとかなりの高収入と言えます。ですから、体力的には大変ですがあえて夜勤専従看護師として働く方も多いのですね。

各病院によって夜勤専従として働く日数は規定として決められていますから、それ以上は働く事は出来ません。

もちろん少ない出勤を希望される場合であれば、出勤日を相談して週に1、2回にしてもらう、と言ったことも十分可能でしょう。病院や介護施設にとっては、少ない出勤日数であっても夜勤が出来る看護師は貴重な存在ですから、こうした相談にもしっかりと応じてくれると思います。

転職活動をする際にこうした勤務条件に関しては、人材紹介会社を通して確認してもらっても良いですね。

夜勤専従看護師として働く際のデメリットもあります。デメリットとしては、勤務先によって夜勤に入る看護師の数が少ない事もある、と言うことです。

出来れば、複数の看護師が夜勤には入れると負担が軽くなりますから(特にコールが集中するとテンパります)、どういった夜勤の勤務態勢なのかは事前に確認しておきたい所です。

生活リズムに関しては、夜勤専従看護師として働く事を検討している時点で、考慮済みかと思います。上手くリズムを調整するように生活を組み立てることが、体調管理の上でも重要となってきますね。

育児のためにあえて夜勤専従看護師として働く方、高収入のために働く方、日勤が苦手・夜勤の方が働きやすいと言うことから、夜勤専従看護師として働く事を希望される方もいらっしゃいます。

先ほどピックアップした求人サイトなどを活用して、希望の勤務条件での職場探しをしてみて頂きたいと思います。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ