介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

介護施設看護師のやり甲斐って?

ブランク明けの復職先にもおすすめの介護施設看護師

介護施設へ転職する看護師のほとんどは、介護施設での勤務経験がない、未経験からの転職ということです。ですから、もちろん病棟でしか働いたことがない方であっても大丈夫です。

介護老人保健施設をはじめとして、特養や有料老人ホームなどは医療行為が少ないですから、ブランク明けで復職される場合であっても働き始めやすい職場といえます。事実、昔は病院で働いていて出産時に退職、子供の手が離れてきたので介護施設で復職した、という看護師はとても多いんです。

また、介護施設で働く事を選ぶ看護師の多くは、ブランクがあるので病院に復職するのは不安。でも看護師として働きたい。そういった方が多いです。

介護施設の看護師求人は基本的には、未経験歓迎、ブランクあり看護師を歓迎する求人が多いので、どのくらいのブランクが空いているか、どういった経験を積んできたか、身につけたスキルなどを看護師紹介会社に相談されると良いでしょう。

介護施設看護師のやり甲斐って?

介護施設はそれぞれで本来持つ役割が違いますから、看護師としてやり甲斐を感じる場面も違ってくるとは思いますが、やはり共通して言えることは、入居者一人ひとりとしっかり関わる事が出来る、ということ。

長いお付き合いになる方が多いですから、普段の会話や様子から病気や体調悪化の予兆を察する事が出来た場合には、やはり看護師として役に立ったという嬉しさを感じると言います。

また、確かに医療行為は少なくなりますから看護師としてスキルが身につく、という職場ではありませんが健康状態の管理を通して、入居者の方の健康サポートをし、日々健やかに過ごされる事が、毎日のやり甲斐になっているという方もいます。

病院よりも関わる時間が取れ、会話をしっかりとすることが出来る事自体が楽しい、という看護師もいますね。

将来的にはまだ介護施設は増えると考えられます。今後のキャリア、仕事を考えて介護施設に転職、ケアマネージャーなどの資格を取得して活躍される看護師さんもいらっしゃいます。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ