介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

残業無し、少ない介護老人保健施設で働きたい

老健は残業が少ない?

残業無し、少ない介護老人保健施設で働きたいと考えている看護師さんへ。

介護老人保健施設は残業が少ないイメージがあるかもしれません。

実際、残業を避けるために介護老人保健施設へ転職するナースもいますが、基準は施設によって異なるんですよね。

老健は有料老人ホームや特養と異なり、医療保険の適応分野です。常駐の医師がいますし、看護師の夜勤シフトもあります。

看護師の人数に関しても特養や有料老人ホーム、デイサービスより多いのが一般的です。

その分、医療行為や急変も(他の介護施設に比べて)多いという特徴はありますし、終業時間前に急変対応があれば、救急車の付き添いなどで残業が入ることもあるでしょう

しかし看護師の人数が多い分、通常は残業が少なかったり、残業無しで働けるケースもありますよ。

急変の場合も他のナースが付き添うことがありますから、必ずしも残業になるとは限りません。

その辺りは介護老人保健施設の規模、入居者数によっても変わるんですよね。「小規模な老健が必ずしも残業が少ない」とは言えませんが、看護師と入居者数のバランスが良ければ、残業なしで働きやすいと思います。

残業と介護職員との人間関係

介護職員との人間関係も大切になりますね。

人間関係が険悪な老健は『仕事上の連携ミス』も考えられますので、そうなれば就業時間内に仕事が終わらない、結果的に残業しなければ追い付かないケースもあるんですよね。

人間同士の相性はどうしてもありますから、その老健で働くまで確実なことは分かりません。しかし元々の雰囲気、風通しが悪い老健は出来れば避けたいですよね。

老健の中で介護スタッフと看護師で派閥があり、双方の溝が深ければ…一人の努力で改善するのは難しいでしょう。結果的に仕事上の連携を取りづらくなりますよ。

私も昔、契約社員として勤めていた職場で経験しましたね。

その職場は正社員と契約社員でグループが出来ていたのですが、忙しい時間帯に私一人となり、うまく仕事が回らなかったものの…裏で休憩している正社員を呼びに行けませんでした。

同じ契約社員なら気軽に呼びに行けたのですが、グループ間の溝が深いため呼びに行けず、仕事のミスに繋がったんですよね。その分を残業でカバーしましたが、老健の人間関係も同じではないでしょうか?

明るい雰囲気の老健なら介護スタッフとの連携も密でしょうし、仕事が早く終わるかもしれません。しかし人間関係が険悪なら…お互い頼みたいことを頼めず、仕事が遅れて残業が入るケースもあるんですよね。

看護師紹介会社を利用すれば、明るくて風通しが良い老健を教えてもらえることがありますので、ぜひ積極的に活用してみて下さい。

もちろんその際は「残業なし、残業が少ない介護老人保健施設を希望します」と伝えて下さいね。あなたの希望にマッチした老健看護師求人を探してくれますよ。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ