介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

老健、特養、有料老人ホーム、どれが良いの?

介護施設の優先順位と老人保健施設

老健、特養、有料老人ホームの看護師求人、どれが良いのでしょうか?

職場選びは優先順位によっても変わりますが、まず考慮したいのが仕事内容・役割ですよね。

老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームそれぞれ『介護施設という括り』になりますので、病院やクリニックとは業務内容が異なります。

中でも大きな違いは医療行為でしょう。

「病棟や外来のような医療行為が少ない」という点は共通していますが、それでも各介護施設ごとに違いが見られます。

特に医療行為が多いのは老人保健施設ですね。老健は他の介護施設と異なり、自宅復帰を目指す利用者の施設ですから、リハビリに伴う怪我もあれば、時に急変対応もあるでしょう。

バイタルチェックや健康指導は特養・有料老人ホームの仕事にも含まれますが、褥瘡や怪我の手当に関しては、老人保健施設が最も多いのではないでしょうか

もちろん施設によっても仕事内容は変わりますが、看護師業務メインで働きたい方は老健がおすすめですね。

特別養護老人ホームの特徴

次に特別養護老人ホームですが、終末期に携わりたいナースや、看護業務だけでなく介護に興味をお持ちの看護師さんにお勧めです。

入居者にとっての日常生活であり、終の住処となる可能性が高いのが特養ですから、1人1人と接する時間も必然的に長くなります。

また、介護度3~5の方が入居しているケースが多いため、食事介助、入浴介助、排泄介助、体位変換に携わることもあります。

介護士と看護師で明確に仕事が分かれている特養もありますが、基本的に看護師も介護を行うと考えて下さい。

そのため、介護が苦手な方、興味が無い方は避ける方が良いかもしれません。逆に介護業務に興味があり、

「看護師として幅を広げたい」

「将来的に介護福祉士やケアマネジャーの資格を取得したい」

と考えている場合は、特別養護老人ホームが魅力的ではないでしょうか。

有料老人ホームの特徴

最後に有料老人ホームですが、施設ごとの違いが大きいですね。

老人保健施設や特別養護老人ホームと異なり、有料老人ホームは民間企業が運営母体のケースが多いです。

社会福祉法人も運営していることがありますが、株式会社が経営する有料老人ホームも多く、中には高級ホテルのような有料老人ホームもありますよ。

医療行為も施設によって異なりますが、老人保健施設や特別養護老人ホームより少ないかもしれません。

しかし中には投薬、摘便、胃ろう、インシュリン注射を行っている有料老人ホームもありますので、看護師紹介会社で相談すると良いでしょう。

このページでお伝えしたように、特養、老健、有料老人ホームごとに仕事内容を押さえた上で、あなたの希望条件にマッチする看護師求人を探して下さいね。

育児と両立したいと考えていれば託児所を利用できる介護施設が良いですし、ブランクからの復帰なら医療行為が少ない有料老人ホームが良いかもしれませんね。

そのような希望条件をまとめた上で、看護師紹介会社へ無料登録を行うと良いでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ