介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

病院から介護老人保健施設への看護師転職

病院から介護老人保健施設への転職

病院から介護老人保健施設(以下老健)へ転職を考えている看護師さんへ。

病院と老健では仕事内容が異なる部分も多く、慣れるまで時間がかかるナースも多いようです。有料老人ホームや特別養護老人ホームのような「終の棲家」になり得る施設とは異なりますが、それでも生活の場であることは変わりません。

看護師の仕事にバイタルチェック、服薬管理などがありますが、それ以外にも生活サポートとして介助業務を行うことがあるんですよね。具体的には、食事介助、排泄介助、入浴介助などです。

その辺りの役割を就業前に認識していなければ、「なぜ私が入居者の介護をするの?」と思ってしまうかもしれません。

初めから老健や特養、デイサービスやデイケアのような介護施設に勤めているナースは別ですが、病院から老健に転職する場合は、そのような役割の違いも受け入れるようにして下さい。

病院よりも環境面、医療面で見劣りするのは仕方がありません。病棟と老健では、そもそもの役割が違うわけですから、病院と同じような設備ではないですよね。

生活サポートやリハビリを通して、入居者の家庭復帰を目指すのが老健の役割なので、まずはその辺りを認識されて下さいね。

それに加えて老健には、様々な職種の人間が働いています。看護師、医師はもちろん、リハビリ専門職として理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が勤務していることがありますし、管理栄養士、栄養士が働いているケースもありますね。

福祉系職種として介護福祉士、ケアマネージャー、社会福祉士に加え、一般の介護スタッフもいますし、老健によっては薬剤師や歯科衛生士が勤めていることもあるようです。

病院でも看護師以外の職種と接する機会がありますが、特に老健は介護スタッフと協力しながら行う仕事が多いので、その辺りの違いもあるでしょう。

給与に関しては、そこまで病院と大差ないようです。夜勤の有無で収入がダウンすることもありますが、それでも一定基準の給料を得られると思います。

まずは看護師紹介会社に登録して相談することをおすすめ致します。会員登録すれば非公開求人も含めて紹介を受けられますし、その中に好条件の老健求人が含まれているケースも多いですよ。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ