介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

老健から病棟看護師へ転職したい

老健から病棟看護師への転職

介護老人保健施設(老健)から病棟看護師へ転職したい、そうお考えのナースもいると思います。

老健はリハビリ中心の医療サービスなので、看護師以外にも介護士や理学療法士が働いています。そのような空間で看護師として得られる充実感、仕事のやり甲斐もありますが、老健の雰囲気に馴染めない方もいることでしょう。

また、老健の勤務年数が長いと病棟に復帰しづらくなる…と考えている看護師もいますね。介護施設と病院の医療行為はやはり違いますし、看護師としてのスキルアップを考えるには、病棟勤務が大切になると思います。

今後ますます進行する高齢化社会を鑑みても、介護施設からの看護師ニーズは高くなると予想できます。そのため老健で経験を積んで、介助業務への理解を深めることで、転職先には困らない状況にはなるかもしれません。

しかし純粋に看護師としてキャリアアップ、スキルアップを考えると、どうしても病棟に復帰したい、このまま老健で働き続けても良いだろうか…と考えるナースも多いんですよね。

その場合は積極的に病棟求人を探すようにして下さい。

やはり老健を初め、特養や有料老人ホーム、デイケア施設、デイサービス、訪問入浴など介護系看護師の仕事に関しては、向き不向きもあると思います。老健で働く前は高齢者に抵抗が無くても、実際に働いて現実を知り、苦手になってしまった…という方もいらっしゃることでしょう。

病棟や外来で接していた時と違い、老健には様々な高齢者がいますし、中にはコミュニケーションに悩むこともあるんですよね。

私の家族も介護施設に入居していましたが、悩みは周囲のお爺ちゃん、お婆ちゃんとの関係でした。年齢を重ねれば性格的に穏やかになって…というケースは少ないです。

それよりも年を取れば取るほど性格が純粋になり、素の性格が表に出るようになります。それが老人の特徴なんですよね。ある種子供に近くなっていきますので、上手に接することが出来るかどうか…向き不向きもあるでしょう

老健を経験することで、始めて病棟が向いていたと気付くこともありますから、その場合は病棟求人を探すと良いですね。

仕事の見つけやすさに関しても、老健よりも病棟の方が探しやすいのではないでしょうか?

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ