介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

平均介護度と看護業務

高齢者の介護度が上昇している

介護老人保健施設には様々な介護度の高齢者が入所しています。例えば、何かしらの病気や怪我で足を十分に動かすことが出来ないけれど介護は部分的でよい方や、半身麻痺や痴呆症などで自立して生活を送ることが困難な高齢者や寝たきりの方など、それぞれが必要としている介護度は様々です。

介護度の割合が変われば、看護師に求められる業務も変わってきます。自らの意思で行動を起こす事が出来る高齢者に対して、入浴や排泄の介護は必要なく、意識もはっきりし、記憶の混濁などもなければ、自己管理もある程度は行う事が出来ます。

そのため、それぞれの入所者に合った看護業務が必要となってきます。

2012年の厚生省の調査では、介護老人保健施設に入所している高齢者の介護度が上昇傾向にあると言う調査結果が出ています。これは、全国的な介護老人保健施設全体の入所者である高齢者の介護度が若干上昇しているという報告であり、つまりは介護業務を行う看護師の負担が大きくなっているということでもあるのです。

何が必要かを見極める

高齢化社会と言われる現代社会において、高齢者の介護問題は何よりも優先されるべき社会問題の1つでもあります。

年齢を重ねれば、どこかしらに何かしらの支援が必要になることもあります。自立して生活を送ることが出来る程度で済むケースもあるでしょうが、中には寝たきりや介護なくして生活を送ることが困難と言う状態に陥るケースも少なくはありません。

2012年の報告では、介護度1と5が上昇傾向にあったそうですが、中でも介護度5が多く増えているとされています。それだけ、重篤な症状の高齢者が増えているということなのでしょう。

看護師に求められるのは、入所者一人一人に合った看護業務になります。特に、介護老人保健施設はそこでの生活を経て、在宅での自立を目指している施設でもありますから、長いスパンで入所者と接していくことになります。

人手不足ということもありますが、看護師として勤務をするのであれば、それぞれの入所者に何が必要なのかと言うことをしっかりと見極める必要があるでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ