介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

看護師の役割

高齢者の命を支える

介護老人保健施設において、看護師という存在は非常に重要な意味を持っています。

要介護高齢者の身の回りの世話をするのが介護士の仕事であり、彼らが日常生活を送るために必要な人員である事は間違いありませんが、介護を必要とする高齢者の命を支えているのが看護師の役割といっていいでしょう。

医療機関での看護師の役割は、入院患者や外来患者、医師のサポート的役割が大半となっているのが現状ですが、介護老人保健施設に関して言えば、看護師は入所者の体調管理や健康管理など様々な事に対して責任のある立場となります。

要介護高齢者の中には、寝たきりになっている方も少なくはありません。そんな高齢者が褥瘡を作らないように気を配るのも看護師の役割ですし、服薬をきちんと行っているのか、毎朝の体調に変化がないかなどの配慮をすることも介護老人保健施設の看護師の役割になります。

これらは看護師だけではなく、介護士にも必要なものですが、専門的な知識や経験という意味においては、看護師の方が遥かに優位にあると言えます。

役割は大きく、やりがいのある仕事

看護師の人手不足は慢性的なものですが、介護老人保健施設への看護師の配置が義務付けられているため、医療機関、介護施設共に優秀な看護師の獲得が何よりも優先されるようになっています。

昨今では、職場環境の問題や労働条件などの面で介護施設への転職を希望する看護師も増加傾向にあり、高齢化社会に向けて介護老人保健施設への看護師の需要も高まっていくでしょう。

これから介護老人保健施設の看護師へ転職を考えている方がいるのであれば、転職前に必要な資格を取得しておくことをオススメします。

例えば、老人看護の専門看護師や認知症看護認定看護師などはとても役立つ資格だと思います。必要性があるのなら、介護士の資格取得を検討してもいいかもしれません。

看護師といえども、介護老人保健施設においては介護士と同等程度の業務もありますし、介護に必要な資格を取得していれば、それだけに役割も多く転職に際して有利に進めることが出来るようになるでしょう。

病院よりも人の死に近い職場であるかもしれませんが、それだけに看護師の役割は大きく、やりがいのある仕事でもあります。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ