介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

老人保健施設で働きながらケアマネージャーになるには?

ケアマネージャーになるには?

まず、ケアマネージャーになる受験資格として、定められた職種(看護師も含む)の実務経験5年以上というのが条件となります。必ずしも老人保健施設(老健)で仕事をしていなくてはならないわけではありません。仕事を続けながら、試験を受ける事はもちろん可能です。

ケアマネになったところで、新しい職場を探そうとしても「経験者優遇」で採用してもらえないと嘆く人もいますので、仕事をしながら試験を受け、合格したらそのままケアマネとして働かせてもらうほうがいいかもしれませんね。経験を積んでから、自分の求めている場所への転職としても遅くはないでしょう

ケアマネの仕事内容は、利用者様の介護全般の相談援助、医療関係機関との連絡調整を行っていきます。

利用者様、ご家族はどのような介護サービスを希望してるかを面接にて伺います。どのような介護サービスが必要かをアセスメントし、介護保険が利用できるようサービスを計画します。それから個別的な支援計画を作成していきます。

サービスが提供され、その介護サービスが必要であるか否かを評価し、利用者様と介護者の状況に合わせ再びアセスメント、プランニングを行うことを仕事としてます。

厄介なことに、年々合格率は減少しています。狭き門で、何年も試験を受け続けている人も多いわけですが、合格してもケアマネに向かない人もいます。研修が多かったり、人との関わりも多く、仕事が時間内に終わらず、残業してる人も多く見られます。1人で抱える仕事量が多いため、仕方がないことかもしれませんが。

受験は苦難の道のりです。しかし、どうしてもなりたいと願い勉強を続けることで、新しい知識も増えますし、必ず実務でもプラスになります

合格目指して過去問など問題をしっかり把握し、日々努力していくことが最も重要になってきます。通信も充実してますから、自分だけの勉強では物足りない時、不安な時には利用してみるのもいいでしょう。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ