介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

介護士と看護師との違い

看護師と介護士の相違点とは?

介護士と看護師の違いについて掲載しているページです。

介護士と看護師は似たような仕事を行う事と、その呼び名も似ている事から区別が付くにくい、違いが分からないなどと言われます。特に介護施設においては介護士と看護師とが働く為、余計にややこしく、その違いがわかりにくい原因ともなっています。

介護士と看護師の大きな違いを違いを挙げますと、看護師は医療行為を行うのに対して、介護士は行う事が出来ません。また看護師は法律上介護士の仕事を行う事は出来ますが、反対に看護師の仕事を介護士は出来ません。分かりやすい点では医療行為を行えるかどうかが境界線になるかと思います。

介護施設などでは看護師も介護の仕事を要求されるようになる為、その違いがごちゃまぜになるようです。違いと言う意味ではお給料の面でも違いはあるようです。やはり看護師の方が同じ職場でも給料が多い事がほとんどのようです。

介護士は給料が低い為夜勤などで補うケースが多いようです。このあたりは病院勤務の看護師とも似た側面があります。仕事に対するプレッシャーの違いも良く聞きます。

介護士と異なる看護師の役割とは?

入所者に対する体調管理を行うのが看護師の為、より精神的プレッシャーは大きいと言えます。介護士はあくまで介護を行い支援するのが仕事ですからそういう意味ではプレッシャーは看護師に比べると無いと言えます。

あとは入所者とよりコミュニケーションをとったり出来るのは看護師より介護士であると言われます。介護的な仕事を行うとは言え、体調管理など、管理的業務がその主となる看護師に対して、介護士は介護を通し入所者との距離が近いのでじっくりと向かい合って接する事が出来ると言えます。

以上が看護師と介護士の違いの大きなポイントとなります。介護施設などで働く上では介護、看護、ともに専門の領域があるとはいえ、看護師は介護も行う必要があり大きな役割を担います。

介護の仕事においても医学的知識のある看護師の役割は非常に大きいのです。このような介護施設で働く看護師も増えており病院などから転職するケースも多いようです。

看護師専門の人材紹介会社・転職サイトでは介護施設などの看護師求人も多く、中には好条件の求人もある事も少なくありません。コンサルタントも利用でき、看護師の転職には便利に利用出来るのでおすすめです。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ