介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

介護施設の看護師の役割

介護施設での看護師の役割とは?

介護施設への転職を検討されている看護師さんへ

介護施設は高齢で介護が必要な人を対象に、必要な看護やサービスを提供する場所です。自立して生活出来る人向けの所から、寝たきり人が入所する所、痴呆症の人が入る施設など様々な形態があります。

このような場所においても看護師のニーズは高いと言え、最近では看護師の働く新たな職場として、その注目は高くなっています。

高齢化社会が進む中、介護施設における看護師の需要も高まっていく事が考えられます。介護施設における看護師の役割は、入所者に対する健康管理や介助行為、リハビリの指導など、病院勤務の看護師とはその役割が変わって来ます。

このような介護施設においては看護師の仕事は医療行為ではなく、健康管理を始めとする幅広い管理業務的な仕事となります。

健康チェックの為、血圧を計ったり採血や心電図などをとったりします。また服薬や点滴の管理などもその業務で、吸引や排せつ介助なども看護師に求められる仕事です。

介護施設は日勤が多いですね

看護師は介護の仕事も行う事が出来ると言う側面からも、より広い視野を持つ必要があり柔軟な対応をする事が求められます。またこのような介護施設において働く看護師は近隣や関係医療機関との連絡を密にしておき、緊急時は迅速な対応が求められます。

基本的には介護施設に勤務する看護師が医療行為を行う事はほとんどなく、連携を取り医療機関への搬送を行うのが主な仕事です。介護施設等で働く看護師の数は年々増えてはいますが、今後高齢者はどんどんと増えていく事が予想されますのでその数は決して十分であるとは言えません。

またこのような介護施設においては日勤の仕事も多く、夜勤やハードな労働環境の多い病院勤務の仕事から、介護施設への転職を希望する看護師も増えています。

介護施設への転職をお考えの看護師は看護師専門の転職エージェントの利用がおすすめです。希望を伝える事で自分に合った求人を紹介してくれるシステムとなっていますので、介護施設の求人も見つけやすく、忙しい看護師の転職において非常に便利なサービスです。

尚、看護師求人が豊富で利用しやすいのは、以下のナース人材バンクですね。まずは無料登録から初めてみてはいかがでしょうか?

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ