介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

介護老人保健施設の特徴

介護老人保健施設とは?

介護老人保健施設は介護施設の中では在宅復帰を目指し、リハビリを中心に医療・治療を提供し、介護を行う施設です。そのため、他の介護施設にはない医療処置があり、看護師として関わる医療行為も他よりは多いです。

位置づけ的には、介護老人保健施設は「生活の場と病院の中間」的なものとなります。そのため、医師の常駐があり、24時間看護となりますので夜勤もあります。

また、看護師配置数も多いため、より多くの看護師求人が出されています。リハビリを目的とおり、理学療法士や作業療法士の常勤もいますので、スタッフの数も全体として多くなります。

介護老人保健施設での看護師のやり甲斐は、やはりご利用者の方がリハビリを続け、自宅復帰が可能になったときだと言います。

もちろん、現実的には自宅復帰に積極的では無いご家族もいたりしますし、思ったようにリハビリが進まない事もあります。そんな中で自宅復帰が出来るまでに機能が回復され、ご自宅に戻られる方を見送るときはなんとも言えないものがあるそうです

看護師の重要な役割

日常の中で、ありがとう、と言われることでもやり甲斐を感じる、という看護師の方もたくさんいらっしゃいます。

介護老人保健施設に入職される方は、病状が安定しており入院治療の必要は無いと判断された方となります。そのため、医療行為があるとはいっても重篤な患者さんの看護をすると言ったことは無く、看護師の重要な役割はバイタルチェックなどを通して利用者の方、一人一人の健康状態を把握すること、そして薬管理、ストーマの管理、胃ろうの管理などが中心に仕事内容となってきます。

他の介護施設での看護師の役割は健康管理が中心です。忙しい病院勤務をこなしてきた方にとっては、このあたりが仕事内容として最も葛藤する部分だといいます。

看護師として、医療行為にも関わりたいという気持ちがある場合には、介護老人保健施設での看護師の仕事内容も検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ