介護老人保健施設 看護師の役割・求人をお探しの方へ

介護老人保健施設での看護師の役割、また求人を探す際に便利な活用して頂きたい人材紹介会社もご紹介していこうと思います。

介護施設における看護師の役割とは

介護施設で働くナースの役割とは?

介護施設で働く看護師の方が増えています。看護師資格を活かして働きやすい場でもあり、基本的には夜勤がない(日勤常勤)施設が多いため仕事とプライベート(家庭・育児・勉強)などが両立させやすい働き方となります。

実際、介護施設に就職・転職される看護師の方の多くは、ご家庭がある方や、まだまだ育児中で早めに帰宅したいといった方が多いようです。

もちろん、高齢者が好きで、一人一人と向き合って看護をしたいといった気持ちを持った方も多く転職されています。

介護施設と一口で言っても、3種類あります。

それぞれの施設が持つ役割、入所される方の状況も違ってきますから、介護施設で働く看護師として転職をお考えの場合には事前に情報を集め、自分はどの介護施設で働くと幸せに働けるのだろうか、ということを考えておく必要がありそうです。

基本的には、どの施設も入所者の方の生活サポートをすることが看護師として大切な役割、仕事内容となります。

医療行為が中心では無く、健康管理が主な仕事になりますが、利用者の方一人一人に声がけをしたり、見守りをしたりなど、忙しい病院勤務をしてきた方にとってはゆったりと時間を感じられることも少なくないようです。

施設によっては介護のサポートに入ることも多いですが、看護師の重要な役割はバイタルチェックなどを通して利用者の方、一人一人の健康状態を把握すること。また、薬の管理、ストーマの管理、胃ろうの管理なども看護師の重要な仕事となります。

高齢化社会が進む中、介護施設の数も増え、それに伴って看護師の求人も増えてきています。日勤常勤として働ける場が多いため、看護師として職場に選ぶ方も増えてきています。

介護施設看護師として働く事に興味がある場合

例えば老健など介護施設看護師として働く、転職する事に興味がある場合、まずは具体的にどういった看護師求人があるかを知りたいと思われるでしょう。

通勤可能なエリアにどのくらいの介護施設看護師求人があり、給与、休日、勤務時間、具体的な仕事内容なのか、といった情報ですよね。

実際に転職して働く、と言ったことを想定すると色々と知りたい事が出てくるのではないでしょうか。介護施設では看護師よりも介護スタッフさんの方が多いですから、その辺りも含めての人間関係も気になる所ですよね。

そうした施設内部情報に関しても、看護師紹介会社を利用することで得られるようになります。例えば、

といった業界トップクラスの看護師求人数を誇る看護師紹介会社などを活用される事で、知りたい情報を得られるようになりますし、質問することで確認を取ってもくれますから情報収集には効率は良いですよね。介護施設の見学同行なども依頼することも可能です。

高齢者介護施設の看護師としてのお仕事に興味のある方は、情報収集の一環として、こうした看護師紹介会社の活用も検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトから最も利用されている人材紹介会社はこちら

トップページへ